072-259-2758  Map

»
»
»
脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

カテゴリー腰痛

 一言で腰痛と言ってもその症状や病態によって、いろんな分類がりあます。今回はその内の一つである”脊柱管狭窄症”の施術例です。

50代男性

症状

 2年前より、腰から右おしりにかけての痛みがあり、一定時間以上続けて歩いていると腰から右脚にかけて突っ張ってくるような感じで歩けなくなり、前傾姿勢で休憩するとまた歩けるようになる。(この症状を”間歇性跛行”と言います)

施術

マッサージ・電気治療により、腰・殿部から右脚全体の筋肉の緊張を緩和
ストレッチにより腰部・殿部の筋肉をしっかり伸ばす
第4、第5腰椎を矯正

経過

 施術した次の日には、歩いていても休憩することがなくなったそうです。悪化してしまわないように1ヶ月に1、2回ぐらいのペースで施術しています。『普通に歩けるようになってよかった。』と大変喜んでいただいてます。

感想

 この症例のように脊柱間狭窄症は矯正で軽快することが多いです。病院に行こうか悩んでいる方や、病院で手術を勧められたが他の方法を試したいという方は、ぜひご来院下さい。