072-259-2758  Map

»
»
»
長時間座っていることで起こる腰痛

長時間座っていることで起こる腰痛

カテゴリー腰痛

 家族でレジャーに行った帰り、寝ている子供たち&奥さんを乗せて独りで運転しっぱなし。。お父さんは大変ですねぇ。
 そんな精神的な辛さはさておき、肉体的にも長時間の車の運転というのは腰にすごい負担をかけます。

30代・男性

症状

 1週間前、長時間車の運転をしてから腰が痛い。立ち上がる時や前かがみになるのが辛い。

腰椎の前湾

 腰の骨というのは構造上、反っているのが一番強くて安定した状態です。腰の骨が反って骨盤が立った状態です。

いい姿勢

腰椎が反った良い姿勢

 しかし、この状態を維持するにはそれなりの腰回りの筋力が必要です。
 車を運転しているとどうしても、腰が丸くなってしまいますよね。車の運転だけでなくデスクワークなどで長時間座っているとどうしても筋肉が疲れてきてだらっと脱力しきった状態で座ってしまいます。

脱力して腰椎が後ろにたわんだ悪い姿勢

腰椎が後ろにたわんだ悪い姿勢

 このように骨盤が寝てしまって、腰の骨が反対に後ろ側にたわんだような状態は非常に腰に悪い力が働きます。酷くなると腰椎ヘルニアの原因にもなりますので、運転やデスクワークで一日中座っていることが多い方は要注意です。

施術

 まずは疲労がたまって硬くなっている腰殿部の筋肉をしっかりほぐします。それから、特に硬くなっていて痛みが出ている腰椎の4番5番辺りの両サイドの脊柱起立筋の 筋硬結(筋緊張が酷くなって固まったような状態)に対して鍼を刺入してパルスで15分間通電しました。

経過

 施術した次の日からはかなり軽くなったそうです。自己治癒力を高める為には、硬くなった筋肉や関節をほぐして血行をよくしておく事が大切です。

予防法

 まず長時間じーっと座っているのはよくないです。仕事にしろ車の運転にしろ、まめに休憩して動かすのが一番です。もしそれができないようでしたら、座りながらでも数分に一回ぐらいは、上図の”良い姿勢”のように腰を反らせた状態を意識して作るようにして下さい。ただし反りすぎはよくないのでイメージとしては骨盤を立てて下っ腹(腹筋)に力を入れるぐらい感じが良いでしょう。おしりで座るのではなく腹筋で座るようなイメージです。ちょっと分かりにくいかな?(笑)
 当院では、施術だけでなく、家でできる体操も指導しています。腰の痛みでお悩みの方はお早めにどうぞ。

 当院に来れないと言う方で、座っている時間が長くて腰が痛くなるという方には、以下の商品をおすすめいたします。
ボンフォーム(BONFORM) 背当てクッション クールメッシュ ブラック[Amazon]背当てクッション クールメッシュ ブラック
 この商品は非常によく考え抜かれた良品です。レビューコメントも好意的なものが多いようです。

[楽天] ボンフォーム(BONFORM) 背当てクッション クールメッシュ ブラック